ボリビア、スペイン社と会談へ

2012年12月31日 09:24

Página Sieteの記事
ボリビア政府は年明けにも、スペインのIberdrola社と会談の場を持つ。

エボ・モラレス大統領は29日、電力3社の国有化を突如、発表した。
国有化したのはラパスのElectropazと、オルーロのElfeo、そして電力事業を手がけるEleserだ。
前者の2社は、Iberdrola傘下のIberbolivia社が親会社となっている。

この突然の発表に、Iberdrola社側は「情報がない」として戸惑っていた。
ボリビア政府側は、年明けにも同社と直接会談し、この事態についての説明を行なう方針を示した。
同社からの理解を得て、この国有化、移管を円滑に進めたい考えだ。

国有化を受け、これら3社の事務所、施設は警察、軍により事実上、制圧された状態にある。
一方的に国有化を宣言されたIberdrola社側には反発もあり、その対応が注目される。
ボリビア政府による電力会社の国有化は、2010年の4社以来、2例めだ。

エボ、電力2社を国有化(12月30日)

エボ、年越しはスクレで

2012年12月31日 09:15

El Deberの記事
ボリビアエボ・モラレス大統領はチュキサカ県のスクレで、年越しを迎える。

エステバン・ウルキス知事が30日、明らかにしたものだ。
モラレス大統領は31日、憲法上の首都に入り、知事やスクレ市長らと会合を持つ。
その後この夜はこの町にとどまり、新年を迎える予定だ。

同県のヤンパラエスに、国の事業で住宅開発を行なうことになっている。
この起工式が1日に行なわれ、モラレス大統領は参列する予定だ。
この住宅には、同県で建設が予定されるアルカンタリ空港の開発予定地の人々が居住する。
アルカンタリ新空港は、ウユニオルーロに次ぐ、新たな大型空港整備事業計画となっている。

ラパス、年越しは豚肉

2012年12月31日 09:07

Página Sieteの記事 / Página Sieteの記事
ボリビアラパスでは年越しに、豚肉を食べる習慣がある。

「クリスマスに食べるピカナを、大晦日に食べることが根づいている」
文化省のハビエル・エスカリエル氏はこう述べ、家族でこのピカナを囲む習慣が生まれているとした。
この料理は豚肉と野菜などを煮込んだもので、ラパスの伝統料理の一つだ。

民族フォルクローレ博物館のミルトン・イサギレ氏は、豚肉を食べるのは「幸運のため」と解説する。
「鶏肉に比べてやや高く、食卓にのぼる機会が少ない豚肉を、特別な食材に見立てている」
また歴史研究家のカルロス・エルス氏は、豚肉を年越しに食べる習慣は、20世紀以降のものだとの見方を示す。

このほかにもラパスでは、年越し時の特別な習慣が多い。
スペイン発祥の、年越し時に12粒のブドウを食べる習慣も根づき、市内ではブドウが多く売られている。
また色別に異なった願いを託す、新しい下着をつける習慣もあり、市場では下着が並んでいる。
例年は金運を示す「黄色」が人気だが、今年は希望の「緑」、平和の「白」の人気も高い。
このほか、階段を上り下りする、カバンを持つ、金を数えるなど独特の習慣もある。

ボリビア、ブドウと下着(2011年12月31日)
ボリビア、男性下着(2007年12月29日)

今季の雨で12人死亡

2012年12月31日 08:53

Los Tiemposの記事
ボリビア国内では今季の雨で、すでに12人が死亡しているという。

オスカル・カブレラ国防副相が明らかにしたものだ。
ボリビアの広い範囲はこれから本格的な雨季で、今は雨の走りの時季だ。
しかしすでに各地で被害が生じ、12人が死亡し、住宅131棟が被害を受けているという。

死者の多くは、大雨に見舞われたポトシ県と、ベニ川が増水、氾濫したベニ県に集中する。
また農地の被害は、タリハ県とオルーロ県以外の7県で180ヘクタールに達する。
カブレラ副大臣は、今後の雨の本格化により、いっそうの警戒が必要だと指摘した。

アルカサル、30年保証を望む

2012年12月31日 08:27

Página Sieteの記事
ボリビアラパス市の「エル・アルカサル」の住民は、30年の保証を求めている。

この18階建ての集合住宅は、中心部のエストゥディアンテス(学生)広場近くにある。
今月17日、ラパス市はこの建物に住む100世帯に対し、避難を指示した。
階下の駐車場のコンクリート製の柱に亀裂が入り、倒壊の危険性が指摘されたためだ。

この住民らの代理の弁護士が、この建物のデベロッパー側に要望を出した。
今後3か月間で、この建物の補強等の工事が行なわれる予定になっている。
住民らは少なくとも30年の保証を、業者側に求めているという。

この建物は構造上の問題がありながら、予定よりも高さを増すなど、杜撰な設計があったことが分かっている。

アルカサル、プラン提示を求める(12月26日)
アルカサル、プランなき着手(12月25日)

増水で交通が絶える

2012年12月31日 08:25

La Razónの記事
ボリビアラパス県北部の町で、川の増水により交通が途絶えている。

困っているのは、サン・ブエナベントゥーラだ。
ベニ川の増水で車輌が渡れず、バス、トラック輸送ともに8日間、ストップした状態だ。
この川に橋をかけるための作業用の車輌や、輸送トラックも動けなくなっている。

迂回すればベニ県のルレナバケから、この町に入ることは可能とみられる。
しかしルレナバケ側の社会闘争の影響で、このルートも絶たれた状態にあるという。
クリスマス前から、この川を挟んで、多くのトラックやバスが足止めされた状態だ。

マチュピチュ、橋の影響なし

2012年12月31日 08:21

Perú21の記事
ペルークスコ県のマチュピチュ遺跡観光に、大きな影響は生じていないという。

ユネスコ世界遺産に登録されるこの遺跡は、ペルーのみならず南米を代表する観光地だ。
年末年始、国内外から多くの観光客を迎える見通しとなっている。
この遺跡公園に向かうルートにかかる橋の一つに、重大な問題が生じていた。

問題なのは、ビルカノタ川にかかるウルバンバ橋だ。
重量オーバーのトラックの通過により、橋の強度が落ち、損壊する可能性が指摘されている。
このためこの橋の車輌の通行は規制されている。

しかし、観光客らのルートは近隣のパチャル、ピサック橋を迂回し、時間はかかるものの混乱は生じていない。
このウルバンバ橋は架け替えられる見通しで、近く隣接地に仮橋が設置されることになっている。

ウルバンバ橋、架け替えへ(12月30日)
ウルバンバ橋の閉鎖(12月29日)

クスコ、M5.2の地震

2012年12月31日 08:12

La Repúblicaの記事
ペルークスコでは30日、マグニチュード5.2の地震が起きた。

地震が起きたのは15時49分頃のことだ。
ペルー地質機構によると、震源はクスコ市の北東54キロの地点だという。
震源の規模はマグニチュード5.2、震源の深さは169キロと推定されている。

この地震の揺れは広い範囲で感じ、クスコ市内ではメルカリ震度2程度の揺れだった。
この地震による人や建物への被害は報告されていない。
クスコではこの11月15日、大規模な地震訓練が行なわれたばかりだ。

ビーニャ・デル・マール元日清掃

2012年12月31日 07:29

BioBio Chileの記事
チリ第5(バルパライソ)州のビーニャ・デル・マールでは、元日から清掃員らが出動する。

行政側と、清掃を請け負う業者側の間で合意がなされたものだ。
この町と隣接するバルパライソでは、年越し時に大きな花火大会が開催される。
この催しの「後片づけ」を、1月1日の朝から開始するという。

ビーニャ・デル・マールサンティアゴから多くの海水浴客が訪れる、観光地だ。
速やかに後片づけを行なうことで、観光地のイメージを守る戦略だ。
サンティアゴ都市圏からはこの年越し時、数万人がこの地を訪れるとみられる。

国内では第2州アントファガスタでも年越し時、大きな花火大会が行われる。

チリ、航空機のラブホテル

2012年12月31日 07:20

Diario Velozの記事
チリ第5(バルパライソ)州に、航空機をそのまま使用したラブホテルがオープンした。

使用されているのは、かつてアルゼンチン航空が使用していたボーイング737型旅客機だ。
この機はその後、親会社が同じだったアエロリネアス・デル・スール(エア・コメット)が旅客便に使用していた。
しかしマルサンス・グループの財政難から同社が停止し、サンティアゴの空港にうち棄てられていた。

ラ・グランハの業者が買い取り、アルトゥロ・メリノ・ベニテス国際空港から、この地に運んだ。
機体をそのまま生かして部屋を設け、ホテルとして営業を開始するという。

ミトレ線で火災

2012年12月31日 07:18

Clarín.comの記事
アルゼンチンブエノスアイレスの近郊鉄道、ミトレ線で火災が発生した。

30日14時30分頃、火災が起きたのはベルグラノとコレヒアレスの区界付近の線路だ。
列車に電力を送る「第三のレール」から出火したという。
レティーロ行きの列車がこの出火場所で動けなくなった。

この事態で、列車の乗客らは車外に避難している。
こども1人が具合が悪くなり、さらに1人は高血圧、1人煙を吸い、それぞれ病院に運ばれている。
なぜこのポイントで火が出たのか、原因は分かっていない。

クロマニョンの悲劇から8年

2012年12月31日 07:11

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスは「クロマニョンの悲劇」から8年を迎えた。

この事件は、2004年12月30日に発生したものだ。
市内オンセにあるナイトクラブで火災があり、若者ら194人が死亡した。
8年を迎えたこの日、市内では犠牲者の家族や友人らが、遺影を掲げで行進した。

行進はマヌエル・ベルグラノ広場を出て、大統領府が面する5月広場に至るまで行われた。
この事件で、当時のこの店の経営者や、出火当時に演奏を行なっていたバンドメンバーらが罪に問われている。
さらに当時のブエノスアイレス市長も、その職を追われる事態となった。

クロマニョンの悲劇から7年(2011年12月31日)
ブエノスアイレス大火災(2004年12月31日)

クリスティナも地元へ

2012年12月31日 07:04

Info Regiónの記事
アルゼンチンクリスティナ・フェルナンデス大統領も、地元へ帰省した。

同大統領は29日、ブエノスアイレスのホルヘ・ニューベリー空港(アエロパルケ)を後にした。
年末年始を、地元のサンタクルス州で迎えるため、エル・カラファテに向かったものだ。
年越しと正月は、家族と自宅でゆっくり過ごすという。

フェルナンデス大統領の今年の仕事納めは、パンアメリカンエナジー社との調印だった。
また同日、大統領は経済大臣、外務大臣らとそれぞれ、会合を持っている。
同大統領は1月2日にブエノスアイレスに戻り、公務に復帰する予定だ。

レティーロも大混雑

2012年12月31日 07:02

26Noticiasの記事
アルゼンチンブエノスアイレス最大のバスターミナルも、大混雑している。

利用者でごった返しているのは、ミクロセントロの北に位置するレティーロだ。
年末年始の連休に旅行、帰省する人で、バスの便の需要が高い状態となっている。
年内は1日当たり、通常より140便多い、600便のバスが国内外各地に出発する。

ターミナル側によると、とくに大西洋岸各地への便は、通常よりも20%需要が多いという。
この中でも、マル・デル・プラタなどブエノスアイレスから手ごろに迎える地が人気だ。
国際線の便は全体の3%程度だが、このうちの半分はパラグアイへの便が占めている。

コパウェ、まだ警戒必要

2012年12月31日 07:01

Infobaeの記事
アルゼンチンチリにまたがるコパウェ火山については、まだ警戒が必要だという。

この火山はネウケン州と、チリ第8(ビオビオ)州の国境に位置する。
この火山は今月22日朝、小噴火を起こし、火口からは噴煙が立ち上り、火山灰を降らせた。
一時チリ側では最高度の警戒警報が出されたが、両国ともこの警報レベルを引き下げている。

ネウケン州の緊急委員会によると、この火山活動はその後も続いているが、鎮静化に向かっているという。
「溶岩流は確認されず、噴出される火山性ガスや火山灰も減っている」
しかし火山の突発的な変化の可能性もあることから、当局側は警戒を続ける方針だ。

大きな噴火に至れば影響を受ける、火山近くのカビアウェ、コパウェの集落は、今は平常通りだ。

コパウェ、警戒引き下げ(12月25日)
コパウェ、やや鎮静化(12月25日)

略奪、157人拘留中

2012年12月31日 07:00

Clarín.comの記事 / Clarín.comの記事
アルゼンチンでは、ブエノスアイレスロサリオで、今も157人が拘留されている。

この20日、リオ・ネグロ州のバリロチェで、組織的とみられる略奪が発生した。
この事件を受け北はチャコ州から南はパタゴニアに至るまで、略奪が一気に広がった。
略奪に関わった容疑などで多くの逮捕者が出たが、今現在で拘留されているのは157人だという。

略奪の口火を切ったバリロチェでは、すでに拘留者はいない。
しかし4人の死者を出したロサリオでは、31人が今も拘留されている。
当初376人の逮捕者を出したブエノスアイレスでは、現在は126人が拘留されている。

一方、この略奪ムーブメントに対する世論調査を、マネージメント&フィット社が行なった。
この結果、国民の28.6%は、こうした略奪の「潜在性」が国民間にあると指摘している。
また「労働組合に触発された」と考える国民は24.9%、「政府に触発された」は16.9%となっている。

ロサリオ、さらに死者(12月27日)
スーパーに警察官配備(12月25日)

バスターミナルは大混雑

2012年12月31日 06:58

El Universoの記事
エクアドル各地のバスターミナルは、大混雑している。

キトの2つのターミナルのうち、規模が大きいキトゥンベも混雑した。
とくに、年末年始連休のチケットを買い求めるため、チケット売り場はずっと人でごった返している。
エスメラルダスマナビグアヤスエル・オーロ各県への便が、とくに人気だ。

同様にグアヤキルのバスターミナルも、混み合っている。
こちらもサンタ・エレーナマナビエスメラルダス各県などコスタ(海岸)の人気が高い。
窓口を開けているブースの前には、それぞれ長蛇の列ができた。

キトのバスターミナルを出発する便については1日分まで、需要がきわめて多い状況だという。

ガラパゴス、観光客が転落死

2012年12月31日 06:57

El Universoの記事
エクアドルガラパゴス諸島で米国の女性観光客が転落死した。

事故が起きたのは、サンタクルス島北東の、セロ・コロラドだ。
この74歳の観光客は、ガイドやツアー仲間と一緒に、カメの保護施設を見学していた。
トイレに向かおうとした際に転落し、頭部を強打し、死亡したという。

ガイドによるとこの女性は歩いている際に、気を失ったとみられるという。
すぐに女性のもとに人は駆けつけたが、もっとも近い町でも25キロあり、搬送は間に合わなかった。
この女性はツアーで28日に到着し、1月4日まで滞在の予定だった。

アビアンカ、USと提携

2012年12月31日 06:55

Travel Agent Centralの記事
コロンビアアビアンカ航空は、米国の航空大手、USエアウェイズと提携した。

アビアンカTACAグループと、USエアウェイズの間で合意されたものだ。
両社はコードシェアを実施し、双方の乗り継ぎを通じて翼を広げる。
双方が、路線網を大幅に拡大することになる。

アビアンカTACAUSエアウェイズ双方は、航空連合スターアライアンスのメンバーだ。
USエアウェイズは中米、カリブ海路線を持つものの、南米は薄く、補完関係が実現する。
また中南米のアビアンカTACA側としては、需要の高い北米の路線網充実は、大きな魅力となる。

ウィラ、土砂崩れで多数不明

2012年12月31日 06:48

Caracol Radioの記事
コロンビアウィラ県で土砂崩れがあり、多数が不明となっている。

土砂崩れが起きたのは、カルダス県境に近い、バルシジャスだ。
ウィラ県の県都ネイバとバルシジャスを結ぶ道路が、この土砂に覆われている。
さらに複数の住宅も、この土砂に押し流された。

現段階で、2人の遺体が現場から発見、収容され、6人は救出されている。
少なくとも20~30人が、今も土砂に閉じ込められているとみられている。
フアン・マヌエル・サントス大統領はツイッターを通じ、早期の発見、救出を呼びかけた。

エボ、電力2社を国有化

2012年12月30日 09:57

Página Sieteの記事 / Página Sieteの記事 / Página Sieteの記事
ボリビアエボ・モラレス大統領は電力会社2社を29日、国有化した。

国有化したのはラパスのElectropazと、オルーロのElfeoの2社だ。
モラレス大統領は、実質スペインのIberdrola社傘下のこの2社の国有化を突然、発表した。
以後、ラパスオルーロの関連施設は、警察と軍による管理下に入った。

Iberdrola社は、この2社を傘下に持つIberbolivia社の親会社にあたる。
同社はElectropazの株式の89.5%、Elefeoの92.8%を保有している。
モラレス大統領はこの2社の国有化の目的について「農村部の電力料金の引き下げ」を挙げた。

Iberdrola社はこの報道について、「情報がない」としてコメントを避けた。
モラレス政権による電力会社の国有化は、2010年の4社に続き、2例めだ。

ユキ族に水が迫る

2012年12月30日 09:49

Página Sieteの記事
ボリビアコチャバンバ県熱帯地方の少数民族に、水の危険が迫っているという。

同県の危機管理課が指摘したものだ。
危険が迫っているのはインディヘナ(先住民)の少数部族、ユキ族だ。
ユキ族の人々が居住する3つのコミュニティが、川の氾濫の影響を受けるおそれがある。

現在、熱帯地方のアルケを流れる河川の増水が続いているという。
ユキ族が生活する地域は低地で、これらの川が増水すると、コミュニティを直撃するおそれがある。
しかしユキ族に対する支援の体制や範囲が分かっておらず、県側も判断しかねる状況だ。

ユキ族は外界から持ち込まれた結核菌の蔓延で現在、民族消滅の危機に立たされている。

ベニ知事選の延期を求める

2012年12月30日 09:41

Página Sieteの記事
ボリビアベニ県知事選の延期が要求された。

要求したのは野党統一候補として出馬しているカルメロ・レンス候補だ。
リベラルタの競技場竣工の式典に、与党MASのジェシカ・ヨルダン候補が駆けつけた。
この場でエボ・モラレス大統領が同候補への支持を訴えたことが、法に抵触すると主張している。

ベニ県では知事の失職にともない、1月20日に知事選が行われる。
レンス候補は、この件が落ち着くまでこの選挙実施を延期するべきと主張した。
同氏は、国の公共事業が、特定候補の支持の訴えに利用されたことを問題視している。

レンス候補はこの件を、県都トリニダの選管に申し立てる方針だ。

ラパス、旅行エージェントに強盗

2012年12月30日 09:34

Página Sieteの記事
ボリビアラパスの旅行エージェントの店舗に、武装強盗が押し入った。

被害を受けたのはミラフローレスのイリマニ通りにある「ヒナ・ツアーズ」だ。
27日、5人組の武装強盗がこの店に押し入り、従業員らを脅した。
強盗らは、この店にあった小型の金庫を奪い、逃走した。

店内にいた2人の女性従業員に、負傷などはない。
店員らによると、この金庫内には現金や貴重品、書類などが入っていたという。
警察がこの強盗の行方を追っている。

ウユニ、捜索続く

2012年12月30日 09:26

Página Sieteの記事
ボリビアポトシ県のウユニ塩湖での捜索活動は、今も続いている。

ウユニ塩湖は国内のみならず、南米を代表する観光地だ。
この塩湖ツアーに出かけたオーストラリアの5人と、ガイド兼運転手が一時、行方不明となった。
その後観光客5人は発見、保護されたが、運転手が依然として不明となっている。

ポトシ県警は、この運転手の捜索を現在も続けている。
このツアーの車輌が動けなくなり、運転手は助けを呼ぶため、歩いて移動した。
5人は車外と車内で発見、保護されており、運転手がどこに向かったのか、分からない状態だ。

ウユニ、5人が一時不明(12月29日)

ジェット燃料、53%減

2012年12月30日 09:20

Eje.tvの記事
ボリビア国内でのジェット燃料の販売は今年、前年比で53%減少した。

ボリビア石油公社(YPFB)傘下企業が明らかにしたものだ。
国内でのジェット燃料の販売は2011年、過去最高を記録していた。
今年はこれが一転し、2011年に比して53%もの落ち込みを記録した。

この最大の理由は、民間航空会社アエロスールの実質的破綻だ。
同社は財政の問題からこの年明けから便の運休が相次ぎ、5月18日に全便を停止している。
国際線では首位、国内線では2位のシェアを占めた同社の停止で、燃料の需要が大きく減ったものだ。

「ポスト・アエロスール」として国営ボリビアーナ航空(BoA)やアマスソナスの展開が現在は進んでいる。
さらにスペインエア・ヨーロッパの新規乗り入れなどもあり、この落ち込みは緩やかに回復するものとみられる。
また2013年2月には、空港空白域であるオルーロに、新空港が開港する。

液化ガス、販売10%減

2012年12月30日 08:54

Página Sieteの記事
ボリビアで家庭向け液化天然ガスの販売は、10%ほど落ちているという。

ボリビア石油公社(YPFB)が明らかにしたものだ。
国内では都市部、農村部双方で、家庭用の燃料としてボンベ入りの液化ガスが使用されている。
しかし今年、国内で販売されたこのボンベは、昨年より10%程度落ちているという。

この販売減の理由は、都市部を中心に都市ガスの普及が進んでいるためだ。
これまでは都市ガスの供給はラパスコチャバンバサンタクルスの一部などに限られていた。
しかしこれらの都市で普及が進み、さらにエルアルトオルーロポトシでも供給が始まっている。

YPFBは都市ガスの普及はさらに進み、液化ガスの需要は漸減するとの見通しを示した。

航空各社、年末の増便

2012年12月30日 08:52

La Razónの記事
ボリビアの航空各社は、年末年始の航空便を大幅に増やしている。

連休となる年末年始、ボリビア国内でも旅行や帰省で移動する人が多い。
航空便の需要も多いことから、航空各社は便を大幅に増やしている。
とくにラパスサンタクルス線や、ラパススクレ線の需要が多いという。

コミュータ航空会社アエロコンは、グアヤラメリントリニダリベラルタなどへの便を増やしている。
同時に、高需要期であることから、航空運賃も通常より5%程度高く設定している。
ラパスからトリニダリベラルタへの便は、通常の880ボリビアーノが、924ボリビアーノとなっている。

アマスソナスも同様にスクレサンタクルス線を増便し、26~31日は運賃を高く設定している。
最大手の国営ボリビアーナ航空(BoA)も保有機材をフル動員し、便を増発している。

アテ、花火店火災

2012年12月30日 08:50

Perú21の記事
ペルーリマのアテで、花火店の火災が生じた。

火災が起きたのは中央道から3キロの、アテ・ビタルテだ。
この3階建ての建物には、販売用の花火が保管されていた。
この花火に何らかの理由で引火し、爆発し、火災に至ったものだ。

この火災で、少なくとも3人が死亡しているが、遺体は完全に焼け焦げた状態だ。
現在警察が、この3人の身元の確認を急いでいる。
リマでは年越しに花火を使用する人が多いが、2001年暮れにはリマ中心部で大火災があり、500人以上が死亡している。
Wikipediaより「メサ・レドンダ火災」(スペイン語)

ワンカヨも人形燃やしを禁止

2012年12月30日 08:43

La Repúblicaの記事
ペルーフニン県のワンカヨでも「人形燃やし」が禁止される。

ワンカヨ市側が明らかにしたものだ。
ペルーでは年越し時に、ピニャタと呼ばれる人形を燃やす習慣がある。
しかしこの火が環境に影響を与えることから、各地で禁止の動きが起きている。

ワンカヨ市でも、この人形燃やしを禁止することを明らかにした。
この法令に違反し、人形を燃やした場合、432ソルの罰金を徴収するという。
この人形燃やし規制は、リマ市の各地の行政単位でも、導入が進んでいる。


最近の記事