ウシュアイア同性婚

2009年12月29日 08:09

La Nacionの記事
アルゼンチンウシュアイアでラテンアメリカで始めての同性間の結婚式が行なわれた。

今回式を挙げたのは、アレックス・フレイレさんとホセ・マリア・ディ・ベジョさんだ。
この二人は今月1日、ブエノスアイレスで式を挙げる予定だった。
しかしブエノスアイレス地裁が判断が必要とし、式の差し止めを命じ、争われていた。
こんな中、二人はブエノスアイレスから3500キロ離れた、ウシュアイアで式を挙げることを強行した。

挙式について、二人はメディアに出演し、明らかにした。
「我々は今日、ウシュアイアで結婚式を挙げた」
ティエラ・デ・フエゴ州のファビアナ・リオス知事からウシュアイアで挙式するよう勧められたという。
同性愛者の団体や支援者らは、この挙式を祝福するコメントを寄せている。

一方、同性婚に反対する保守派などは、この式は「無効だ」と反発している。
ウシュアイアでのこの件は、政治的な『ショー』に過ぎない」

同性婚、差し止め命令(12月1日)



最近の記事