バイア・ブランカの嵐

2010年12月10日 07:13

Clarín.comの記事
アルゼンチンブエノスアイレス州のバイア・ブランカは嵐に見舞われた。

8日、バイア・ブランカは強風が吹き荒れた。
気象台によると、この日の最大風速は風速330メートルに達したという。
市内では砂塵が飛び、木々が倒れ、住宅の屋根が飛ばされるなどの被害が相次いだ。

市内の病院では、この風により頭蓋骨を骨折した69歳の女性が手当を受けている。
このほか7人が、風で飛ばされたものが当たるなどし、負傷している。
さらに一帯の30地区では、この風で送電線が影響を受け、8日夜から電力が使用できなくなった。



最近の記事