クロマニョンの悲劇から7年

2011年12月31日 06:48

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスは「クロマニョンの悲劇」から7年を迎えた。

2004年12月30日、オンセのナイトクラブで火災が発生し、若者ら194人が死亡した悲劇だ。
この建物後には、犠牲者の写真が飾られ、花が供えられている。
一方、怒りに満ちた言葉の落書きやポスターなども、見られる。

この事故は、ナイトクラブ内で観客が、花火であるベンガル弾を打ち上げたことが原因で発生した。
管理人が、「タダ見」を避けるため、非常出口の鍵をかけていたことが、悲劇に拍車をかけた。
この店の管理者のほか、当時のイバラ市長もこの責めを問われ、辞職している。

クロマニョン通り、再開か(2009年12月19日)
ブエノスアイレス大火災(2004年12月31日)



最近の記事