BQB、機体増強へ

2012年06月30日 06:02

El Paísの記事
ウルグアイBQB航空は、保有機体を増強する。

同社のCEO、フアン・カルロス・ロペス・メナ氏が明らかにしたものだ。
新たに2千万ドルを投じ、カナダのボンバルディア機を調達するという。
機体を増やし、輸送力を増強する目的だ。

BQB航空は、モンテビデオコロニアアルゼンチンブエノスアイレスを結ぶフェリー会社ブケブスの傘下にある。
ウルグアイでは元フラッグキャリアのプルーナ航空の「苦戦」が公式に伝えられている。
BQB航空は今後のプルーナ航空の展開をにらみ、先んじて機体増強を図る方針を固めたものとみられる。

同氏はブラジルのサンパウロ、チリのサンティアゴ、ボリビアサンタクルスなどへの就航にも意欲を示した。



最近の記事