病院、ジャンクフード禁止

2012年06月30日 07:22

Perú21の記事
ペルー国内の病院でのジャンクフードの販売が、禁止された。

ペルーの健康保険機構であるエスサルーが、国内病院に指示したものだ。
エスサルーのアルバロ・ビダル氏は、「病院が国民の規範となる」との考えを示した。
病院で販売、提供される食事、食べ物は、健康に留意する必要があるとの考えだ。

こうしたジャンクフードは、これまで病院内の食堂や売店で、販売されてきた。
国内では肥満の増加や、生活習慣病の広がりが、国民の健康問題として指摘されている。
エスサルーとしてもこの事実を看過できず、この措置に踏み切ることとなった。



最近の記事