サルミエント線で火災

2013年02月28日 07:12

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスの近郊鉄道サルミエント線の列車で、火災が起きた。

火災が起きたのは、26日19時頃のことだ。
カバジート駅付近で、オンセに向かっていた列車の編成から、煙が上がった。
車輌は停止し、乗っていた人々は線路上に飛び降りて避難した。

鉄道を運営するTBAによると、車輌の電気系統のショートから火が出て、煙が上がったとみられるという。
この路線ではこの22日に、オンセ駅で起きた51人が死亡した事故から1年を迎えたばかりだ。
この記憶もあり、乗っていた人のうちとくに女性の多くが、パニックを起こしていたという。



最近の記事