パラナ、セマナサンタは好調

2013年02月28日 07:14

Uno Entre Ríosの記事
アルゼンチンエントレ・リオス州の州都パラナの旅行会社は、忙しいという。

カルナバル、そして夏の観光シーズンが終わろうとしている。
しかし1カ月後に迫ったセマナサンタ(聖週間)は、年間を通してもっとも観光が盛んな時季だ。
パラナ市内の旅行会社への申し込みは、今年はきわめて好調だという。

今年のセマナサンタは4月2日の「マルビナス諸島の日」を含むため、最大で6連休となる。
市内の旅行代理店の商品では、今年はとくにミシオネス州のイグアスを訪れるものが人気だ。
国外ではブラジルや、ベネズエラマルガリータ島に行く商品が好調だという。



最近の記事