リマ電車、進捗57%

2013年02月28日 08:43

Correo Perúの記事
ペルーリマで建設が進められているメトロ1号の2期工事は、進捗率が57%となった。

リマでは新たな大量輸送機関のメトロ(電車)が昨年1月、開通した。
すでに運転しているのは中心部のグラウと、郊外のビジャ・エルサルバドルを結ぶ区間だ。
これを延伸する2期工事が現在行われており、この進捗率は57%となったという。

建設されているのはグラウとサンフアン・デ・ルリガンチョを結ぶ区間だ。
この区間にはワスカル、リマックの2つの橋がかけられる難工事個所がある。
リマ市と国は、アテとホルヘ・チャベス空港カジャオを結ぶ2号線の建設計画も進めている。



最近の記事