足止め邦人のため空軍機出動

2013年08月30日 06:11

El Universoの記事
コロンビアで足止めされた邦人のため、エクアドル空軍機が出動した。

コロンビアでは南部を中心に、農業層による社会闘争が続いている。
すでに10日間にわたり、同国では幹線道路のブロック封鎖が続いている。
エクアドルと国境を接するナリーニョ県の県都パストでは、36人のエクアドル人が足止めされていた。

この足止め邦人を帰国させるため、エクアドルの空軍機がパストに飛んだ。
この便には、帰国者を支援するため、マルコ・アルブハ外務副相も同乗した。
この便はキトマリスカル・スクレ空港に29日、到着している。

現在、カルチ県のトゥルカンと、ナリーニョ県のイピアレスを結ぶ、ルミチャカの国境は開いている。
しかしイピアレスから先に陸路で進むことはできない状態が続いている。
エクアドル外務省は、国民や旅行者に対し、陸路でコロンビアに向かわないよう、勧告している。



最近の記事