キト空港、また天候の影響

2013年08月30日 06:12

El Comercioの記事
エクアドルキトの空港では27日、また2時間にわたり離着陸が見合された。

天候の影響を受けたのは、キト郊外のタバベラの、マリスカル・スクレ空港だ。
27日朝5時20分、視界不良を理由に、滑走路が一時閉鎖された。
この措置が解除されるまでの2時間の間、便の離着陸が停止となった。

空港を管理するQuiport(キポート)によると、霧や雲のため、航空便の航行に支障が生じたという。
この空港は今年2月、手狭になった旧マリスカル・スクレ空港に代わり、開港して半年を迎えたばかりだ。
しかし開港後、天候の影響を受けることが多く、利用者から不満の声も上がっている。



最近の記事