23歳男性を営利誘拐

2013年08月30日 06:14

La Nacionの記事
アルゼンチンで、23歳の男性が営利誘拐された。

誘拐されたとみられるのは、ギド・マテリアさんだ。
この男性は、ブエノスアイレスマル・デル・プラタの建材大手、Materia Hnos社の役員の息子だ。
身代金を目的とした、「プロの犯行」による誘拐とみられている。

ギドさんは白昼堂々と連れ去られ、家族のもとに100万ドルの要求があった。
現金の用意が間に合わないなどとし、15万ドルの授受が終わった後、ギドさんは解放された。
この犯行に要した時間は、わずかに4時間だったという。

マル・デル・プラタでは、富裕層を狙った誘拐事件が、未遂のものを含めて増加傾向にあるという。



最近の記事