政府、「LANの追放はない」

2013年08月30日 06:57

El Universoの記事
アルゼンチン政府は、「LAN航空の追放はない」と言明した。

フロレンシオ・ランダッソ交通相が29日、語ったものだ。
LANアルゼンチンに対し政府は、ブエノスアイレスの主要空港からの立ち退きを求めていた。
LAN側の不服申し立てを受け、司法はこの立ち退き命令を無効と判断している。

この司法の判断を受け、ランダッソ大臣は、「いかなる航空会社の追放もない」と言明した。
アルゼンチン政府は、国営のアルゼンチン航空に対する肩入れを続け、LANに対して弾圧ともとれる態度をとっている。
LANアルゼンチンを傘下に持つLatam航空グループや、LANがベースとするチリ政府が、この姿勢に疑問を唱えていた。

立ち退きを求められたホルヘ・ニューベリー空港(アエロパルケ)について、LANは今も従来通り便を運航している。



最近の記事