マチュピチュ、65万人

2013年08月30日 08:03

Perú21の記事
ペルークスコ県のマチュピチュを訪れた人は今年、すでに65万人を超えたという。

マチュピチュ遺跡公園が、データを示したものだ。
28日までの時点で、今年この公園に入園したひとの数は65万8085人だったという。
この内訳は外国人が49万3198人、国内旅行者が16万4887人となっている。

とくにこの7月は10万3208人と、2012年同月の10万346人を3千人上回った。
また8月の現時点ではすでに10万983人が入園しており、昨年同月月間の10万895人を超えている。
公園側は、今年の年間入園者が100万人の大台に乗る可能性が高まったとしている。

一方、この数日県内の広い範囲で降った雨や雪のため、公園側も一部、メンテナンスを行なうという。



最近の記事