イラン、ボリビアとの関係継続

2013年08月30日 09:07

La Razónの記事
イランの新政府は、ボリビアとの緊密な関係を継続させる方針だ。

新しく就任したハサン・ロハニ大統領が語ったものだ。
ボリビアエボ・モラレス政権と、同国のマフムド・アフマディネジャド前政権は、関係を緊密化させていた。
穏健派とされるロハニ大統領も、ボリビアとの関係継続の方針を示したものだ。

ボリビアイラン前政権は、米国と距離を置く政策などで一致し、関係を深めていた。
ロハニ大統領は、ボリビアとの間で結ばれた外交関係を維持し、継続発展させていく姿勢をあらためて示した。
またイラン資本で、ポトシ県のウユニ塩湖のリチウム開発を進める考えも示している。



最近の記事