エクアドル、タマゴが困る

2013年08月31日 06:34

El Universoの記事
エクアドルの鶏卵の生産者が、困っているという。

エクアドル国内産のタマゴは、コロンビアに輸出されている。
しかしコロンビア各地で広がる農業層のストにより、この輸出が事実上、停止した状態だ。
このため、本来輸出されていたタマゴが、国内向けに卸されている。

国内市場に供給されるタマゴの量が急増したことで、販売価格が暴落している。
鶏卵の生産者、流通業者によると、現在の販売価格は、原価を下回った状態だという。
鶏卵生産者も、急にその生産量を調整することは難しく、対応に苦慮している。



最近の記事