保護地域でまた火災

2013年08月31日 06:54

Clarín.comの記事
アルゼンチンブエノスアイレスの自然保護地域で、また火災が起きた。

火災が起きたのはプエルト・マデーロのコスタネラスール生態保護地域だ。
29日夕方、この保護地域の一角から火が上がり、燃え広がった。
市内15個所から消防が出動し、消火活動を行なったが、5ヘクタールを焼いている。

この保護地域では7月31日にも火災があり、30ヘクタールを焼いたばかりだ。
市側によると、保護区指定から27年間で、400回を超える火災が起きているという。

生態保護区で大きな火災(8月2日)



最近の記事