スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ARに、「どうぞチリへ」

2013年08月31日 08:12

America Economiaの記事
アルゼンチン航空に対し、チリ国内線への進出が呼びかけられた。

フェリペ・ラライン大蔵相が語ったものだ。
チリ国内線市場について、アルゼンチン航空の進出を歓迎するという。
LANアルゼンチンに圧力をかけたアルゼンチン政府に対する、強い皮肉だ。

アルゼンチン政府はLANに対し、ブエノスアイレスのホルヘ・ニューベリー空港(アエロパルケ)からの撤収を命じた。
LAN側は不服を申し立て、司法が認めたことから、この立ち退きについては無効となっている。
この措置は、アルゼンチン政府による、国営のアルゼンチン航空への肩入れによるものだ。

国営化される前のアルゼンチン航空の親会社、マルサンス・グループは、チリ国内でアエロリネア・デル・スールを運航していた。
しかしマルサンス・グループの資金繰り悪化から運航停止したままとなっている。
ラライン大臣は、「アルゼンチン航空チリブラジルでの国内線運航も可能だ」と語った。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。