ベニ、1万年前の足跡

2013年08月31日 09:24

La Razónの記事
ボリビアベニ県では1万年前の人の足跡が見つかったという。

スイスベルンの大学のウンベルト・ロンバルド氏が明らかにしたものだ。
県都トリニダ近郊の遺跡で、古代の人の足跡が発見された。
この足跡は、1万400年前のものと推定されるという。

同大学は、ボリビアの考古学者ホセ・カプリレス氏の協力で、この地で調査を行なっていたという。
見つかった足跡は先農業の、狩猟文化期のものだ。
この足跡は平原の中の残丘の一角から、見つかった。



最近の記事