コロンビア、清涼飲料税

2013年09月01日 06:01

Caracol Radioの記事
コロンビア政府は、国内で販売される清涼飲料に、特別課税する方針だ。

アレハンドロ・ガビリア保健相が、訪問先のメデジンで明らかにしたものだ。
課税対象となるのは、砂糖分を含む清涼飲料水だ。
1ボトルあたり50~100ペソの課税を検討しているという。

コロンビアでも肥満や糖尿病などの生活習慣病は、大きな問題となっている。
この清涼飲料課税による税収分は、こうした保健対策の財源とするという。
ガビリア大臣は、「この肥満、生活習慣病対策は、喫緊の課題になっている」とのその重要性を強調した。



最近の記事