マカス、小型機の事故

2013年09月01日 06:03

El Universoの記事
エクアドルモロナ・サンティアゴ県のマカスで、小型機の事故が起きた。

30日午前11時頃、事故が起きたのはマカス南部にあるエドムンド・カルバハル空港だ。
タイシャから到着した小型機が、滑走路近くにある電柱にぶつかったという。
この事故で、小型機に乗っていた6人が負傷し、マカス市内の病院で手当てを受けた。

この小型機は、アマソニア・ベルデ財団が保有するチェロキー機だった。
事故が起きた原因などについては、まだ分かっていない。
この事故で、空港周辺では停電も発生した。



最近の記事