スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AR会長、LANを批判

2013年09月01日 06:21

La Nacionの記事
アルゼンチン航空のマリアノ・レカルデ会長が、LANアルゼンチンを厳しく批判した。

アルゼンチンでは、LANアルゼンチンの問題が、まだくすぶっている。
政府はブエノスアイレスのホルヘ・ニューベリー空港(アエロパルケ)からのLANの立ち退きを求めた。
LANは不服を申し立て、司法がこれを認めたことから、立ち退き勧告は無効と判断されている。

この政府側の勧告は、国営のアルゼンチン航空への肩入れが、最大の理由だ。
これに対し、LAN航空のベースであるチリの閣僚らから、アルゼンチン航空に対する「煽り」があった。
アルゼンチン航空チリ国内線を運航するならば、「歓迎する」という発言だ。

レカルデ会長は、このチリの閣僚らからの発言に不快感を示している。
LAN航空にとってダンピングは営業手段」とし、その営業手法を厳しく批判した。
国営化前のアルゼンチン航空の親会社、スペインマルサンス・グループは一時、チリに進出していた。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。