ピニェラ、こける

2013年09月01日 06:43

El Universoの記事
チリセバスティアン・ピニェラ大統領が、こけたという。

30日、この事態が起きたのはサンティアゴ南東部の建物の解体現場だ。
現場視察のためこの地を訪れたピニェラ大統領は、瓦礫の上を歩こうとした。
この時、足元の瓦礫が崩れて倒れこんだという。

ピニェラ大統領は同行していた警備員に、助け起こされる状態となった。
大統領は医師の診察を受け、打撲との診断を受けたという。



最近の記事