春の陽気の日曜日

2013年09月02日 06:44

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスは1日、春の陽気となった。

ブエノスアイレスなど国内の広い範囲は、冬から春に向かう時季だ。
首都圏などでは先週の中盤にかけて、南極からの強い寒波の影響を受けた。
この寒波が去った後、広い範囲で春の陽気となっている。

1日、ブエノスアイレス市内では曇り空だったものの、気温が摂氏25度まで上昇した。
気象台によるとこの陽気は2日頃まで続き、週半ばにかけては平年並みに戻るという。



最近の記事