チンチェロ収用、遅れる

2013年09月03日 06:56

Aeronoticiasの記事
ペルークスコの新空港の用地収用手続きが、遅れることになった。

クスコアレハンドロ・ベラスコ・アステテ空港は、キャパシティが限界を迎えている。
現在地での拡張が難しいことから、バジェ・サグラド(聖なる谷)のチンチェロに新空港が建設されることとなった。
この用地の収用手続きが、年内にも開始される予定だった。

しかしクスコ県の機関によると、この手続きは2014年にずれ込むことになったという。
用地の価格のつり上げが起こり、売買交渉が難航しているためだ。
当初、用地取得にかかる予算は3億5600万ドルだったが、今の段階で5億5600万ドルに膨らんでいる。



最近の記事