ボリビア、雪で15人死亡

2013年09月03日 07:46

Los Tiemposの記事
ボリビアでは先週の大雪で、合わせて15人が命を落としたという。

オスカル・カブレラ国防副相が明らかにしたものだ。
国内では先週、西部を中心に大雪に見舞われた。
とくにコチャバンバ県とポトシ県で、大きな被害が報告されている。

カブレラ副大臣によるとこの雪で、合わせて15人が死亡し、2万1千世帯が被害を受けたという。
さらに雪による避難世帯は3万8千にのぼり、合わせて2万8千ヘクタールの農地も被害を受けた。
被害はコチャバンバポトシ県のほか、ラパスオルーロチュキサカ県でも発生している。



最近の記事