8月の観光は17%増

2013年09月03日 08:14

El Deberの記事
ボリビアのこの8月の観光は、前年同月比で17%の増となったという。

ボリビア旅行観光エージェント協会(Abavyt)のロウルデス・オモヤ氏が明らかにしたものだ。
この8月のボリビア国内の観光業の実績は、昨年同月に比して17%の増加となった。
同協会や国による観光キャンペーンなどが奏功したと同氏は強調した。

ボリビアラパスティティカカ湖、アマゾンなど多くの観光資源を抱えている。
中でも随一の観光地となったポトシ県のウユニ塩湖には、この8月だけで7千人が訪れた。
観光省は「Bolivia te espera」(ボリビアはあなたを待つ)というキャンペーンを実施している。



最近の記事