ウビナス、5度の爆発

2013年09月04日 07:32

La Repúblicaの記事
ペルーモケグア県のウビナス火山ではこれまで、5度の爆発が起きたという。

ウビナス火山はアレキパ市の東70キロに位置する。
この火山では1日夜、主だった活動としては4年ぶりの爆発が起きた。
以後、火口付近での爆発が5度、発生しているという。

地質鉱山機構は、火山内での活動が活発化している可能性が高いとの見方を示した。
今後、大きな噴火活動に至るおそれもあるとしている。
火口からは現在、2千メートルの高さまで噴煙が立ち上っている。

この火山は標高4270メートルで、もっとも古くは西暦1550年に噴火したことが記録されている。

ウビナス火山で爆発(9月3日)



最近の記事