TAM機、乱気流で負傷者も

2013年09月05日 04:33

El Paísの記事
ブラジルTAM航空の旅客機が大西洋上で乱気流に巻き込まれ、負傷者を出した。

乱気流に巻き込まれたのはスペインマドリードを1日に発ったTAM8065便だ。
大西洋上空を飛行中、激しい乱気流に巻き込まれた。
この事態で、乗客15人が負傷したという。

この機は機長の判断で、フォルタレザの空港に緊急着陸した。
その後、別の機体でこの空港を発ち、最終目的地のサンパウロに1日遅れで到着した。
負傷した乗客のうち32歳のコロンビア女性は脳に影響があり、ペルーの52歳女性は鎖骨を骨折している。

この乗客らは、フォルタレザでTAM側の適切な対応がなかったと、訴えている。



最近の記事