リネアA、新駅への不安

2013年09月05日 05:00

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレススブテ(地下鉄)の新駅について、不安があるという。

市側はリネアAで建設が進められていた2駅について、近く開業することを明らかにしている。
完成したのはサンペドリート駅と、フローレス駅だ。
両駅は市内中心部と直結し、交通利便性が大きく向上する見通しだ。

しかし、7月末から8月にかけてのリネアBの事態を受け、この開業を不安視する見方がある。
ビジャ・ウルキサに新設された2駅で、漏水がみられたことから、安全面の不安を理由に労働組合が乗り入れを拒絶したものだ。
開店休業の状態は半月間続く事態となり、今回のリネアAでも同様の事態が起きるのではないかとの見方があるものだ。

リネアAの組合は、新駅開業にともない、警備員や運転手などの増員を、運営するメトロビアに求めている。



最近の記事