AR、パラナ就航へ

2013年09月05日 05:07

Info Alternativaの記事
アルゼンチン航空は、エントレ・リオス州の州都パラナに、新たに乗り入れるという。

セルヒオ・ウリバリ知事と、アルゼンチン航空のマリアノ・レカルデ会長が、会談を行なった。
この場で、アルゼンチン航空ブエノスアイレスパラナを結ぶ路線を就航することが明らかにされた。
同社のパラナ乗り入れは、実に25年ぶりだという。

レカルデ会長によると、開設するのはホルヘ・ニューベリー空港(アエロパルケ)とパラナを結ぶ路線だ。
来年3月1日から、1日1往復の体制で運航する。
現在パラナの空港には、アウストラル航空、LAER、LADEが乗り入れている。



最近の記事