クスコ、30%は違法営業

2013年09月05日 06:13

Correo Perúの記事
ペルークスコの旅行エージェントの30%は、違法営業だという。

ユネスコ世界遺産に登録されるこのインカの古都は、国内最大の観光都市だ。
市内には多くの旅行エージェントがあり、ツアーを催行したり、旅行商品を販売している。
しかし通商観光局の調べで、30%のエージェントは、認可を受けていないなど違法状態だったという。

もっとも多い「違法内容」は、認可における書類の不備などだという。
このため、すぐに営業停止などの措置はとられず、改善するための指導を行なう方針だ。
一方で、川下りなどの冒険アトラクションを扱うエージェントについては、管理を厳格化する方針だという。



最近の記事