ウビナス火山に警報

2013年09月05日 06:36

Perú21の記事
ペルーモケグア県のウビナス火山に対し、警報が出された。

アレキパ市の東70キロにあるこの火山では、1日から火口付近での爆発が報告されている。
ペルー政府は閣議で、国防大臣からこの火山活動の状況が報告された。
閣議は、この火山周辺に上から3番めのクラスの警報を出すことを決めた。

火口からは噴煙が、2千メートルの高さまで立ち上っている。
また火山に近い5つのコミュニティでは、火山灰の降灰も報告されている。
地質金属機構は、この火山が再び、大きな噴火に至る可能性は否定できないとの見方を示している。



最近の記事