キジャコジョ、静かな行進

2013年09月05日 07:15

Los Tiemposの記事
ボリビアコチャバンバ県のキジャコジョでは「静かな行進」が行なわれた。

この行進は、隣り合うビントとの「市境」をめぐる対立についてのものだ。
ビントのイリャタコでは、水道確保のため新たに井戸が掘られた。
しかし市境に設けられたこの井戸が、キジャコジョの水源を奪っているとの指摘がある。

市民らは市内中心部を静かに歩き、ビントに対する抗議の意思を示した。
このイリャタコに隣接する、キジャコジョの地域の住民らは、裁判を起こす準備を進めている。



最近の記事