ベラルーシと協力合意

2013年09月05日 08:09

El Deberの記事
ボリビアベラルーシ両国は資源開発、農業、国防の分野で、協力関係を深めることに合意した。

エボ・モラレス大統領は現在、欧州歴訪中だ。
スペインに続き、ベラルーシの首都ミンスクに入っている。
この地で、アレクサンドル・ルカシェンコ大統領と会談した。

ベラルーシを、ボリビアの大統領が訪れるのは、これが初めてとみられる。
同国はこれまで、モラレス大統領の盟友であったベネズエラ、ウゴ・チャベス政権と関係を強めていた。
同国はベネズエラに続き、ボリビアとも関係強化を図りたい姿勢を示していた。

ボリビアベラルーシが国交を樹立したのは1994年で、来年で20周年を迎える。
モラレス大統領はこの後イタリアに向かい、バチカンではローマ法王、フランシスコ1世と会談する予定だ。



最近の記事