オルーロ県は187周年

2013年09月06日 08:46

La Patríaの記事
ボリビアオルーロ県は5日、創設から187周年を迎えたという。

1826年のこの日、マリスカル・アントニオ・ホセ・デ・スクレ政権下で、オルーロ県は誕生した。
当時、国内では6番めの県となったという。
オルーロ県より古い県はチュキサカポトシラパスコチャバンバサンタクルスの5県だ。

オルーロ市の記念日は行事や地名などで、今も伝えられている。
たとえば11月1日の開府記念日、2月10日の解放記念日、10月6日のオルーロ革命記念日などだ。
しかし9月5日が、オルーロ県の記念日であることは、実は県民にも多くは知られていないという。




最近の記事