IOCで通行規制

2013年09月07日 06:44

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスでは7日夜にかけて、市内の道路の通行規制が行なわれる。

ブエノスアイレスではこの週末、国際オリンピック委員会(IOC)の総会が行なわれる。
2020年のオリンピック開催都市や、次期委員長の選挙などが行なわれるものだ。
この安全確保などのため、市内の道路の通行規制が実施される。

規制されるのは、市内中心部に近いコロン劇場一帯だ。
セリート通り、コルドバ通り、パラナ通り、コリエンテス通りなどが影響を受ける。
またスブテ(地下鉄)リネアDの、トリブナレス駅について、この時間帯全便が通過するという。

2020年の開催都市をめぐり、スペインマドリードトルコイスタンブール、日本の東京が招致活動を活発に行なっている。



最近の記事