リマのメトロ、増便へ

2013年09月07日 07:56

Perú21の記事
ペルーリマのメトロ(電車)が、増便されるという。

リマでは昨年1月、中心部のグラウと郊外のビジャ・エルサルバドルを結ぶメトロ1号が開通した。
利用者は右肩上がりで増えていたものの、使用できる編成の数が限られ、便が少ない状態だった。
新たにスペインから調達した車輌が稼働し始め、本数を大きく増やすようになるという。

現在、朝夕のラッシュ時でも、運転間隔は12分に1本となっている。
これが、最短で6分間隔となり、輸送力が大きく向上する。
運営する市側によると、現在は毎日11万3千人がメトロを利用しているという。



最近の記事