サンタクルス、7万ha焼失

2013年09月07日 08:45

El Deberの記事
ボリビアサンタクルス県では7万ヘクタールの山林や牧草地を、焼失しているという。

サンタクルス県側がまとめた数字だ。
この8月から今月にかけて、同県内では林野火災で合わせて7万ヘクタールを焼失している。
サンホセ・デ・チキートス、ロバレで相次いだ大規模な火災の影響が、もっとも大きい。

サンタクルス県を含む東部ボリビアでは春に向かうこの時季、チャケオと呼ばれる野焼きが行なわれる。
県内で火災が相次いでいるのは、このチャケオやその火の不始末が原因だ。
県によると6日の段階で、県内21個所で火が上がっているという。



最近の記事