ティキパヤで軽度の地震

2013年09月07日 08:50

La Razónの記事
ボリビアコチャバンバ県のティキパヤで、軽度の地震が発生した。

地震が起きたのは6日朝5時58分頃のことだ。
ラパスのサンカリクスト地震機構によると、震源はティキパヤの北56キロだ。
震源の規模はマグニチュード3.9と推定されている。

この地震の揺れはティキパヤでメルカリ震度3程度で、このほかチャパレ地方の広い範囲で感じた。
この地震による、人や建物への被害は報告されていない。
国内ではラパスオルーロ、ポトシ県のアンデス山脈沿いの地域で、震源の深い地震が起きやすい。



最近の記事