エボ、法王と会談

2013年09月07日 09:06

El Deberの記事
ボリビアエボ・モラレス大統領は、ローマ法王と会談した。

モラレス大統領は欧州歴訪で、スペインベラルーシイタリアを訪れている。
ローマではイタリアの首相と会談し、その後バチカン入りした。
ローマ法王のフランシスコ1世と、会談を実現させた。

モラレス大統領はフランシスコ1世に、「わがきょうだいよ」と呼びかけたという。
ラテンアメリカ出身で初めてのローマ法王と、インディヘナ(先住民)出身の初めての大統領の会談となった。
両者は、あらゆる差別や、貧困との闘いなどについて、意見を交わした。



最近の記事