サンルイス、林野火災

2013年09月08日 06:15

Clarín.comの記事 / Clarín.comの記事
アルゼンチンサンルイス州では大規模な林野火災が起きている。

火災が広がっているのは、観光地でもあるメルロだ。
4日夜頃から火の手が上がり、これまでに700ヘクタールの山林を焼失している。
消火活動により、火の大勢はコントロールされているという。

出火の原因は分かっていないが、大規模化した原因は、雨不足と高温だ。
この火災エリアで、家畜を避難させようとした34歳と47歳の男性2人が、煙を吸うなどして病院で手当てを受けている。
また現場に近い13世帯が、一時避難した。

一方、トゥクマン州でも新たにニュニョルコ山付近で、林野火災が起きているという。



最近の記事