ロレト、川が金属汚染か

2013年09月08日 07:32

La Repúblicaの記事
ペルーロレト県を流れる川が、金属物質による汚染を受けている可能性があるという。

汚染の可能性が指摘されたのは、コリエンテス川だ。
鉛やカドミウム、砒素といった、人体に有害な金属物質を含む可能性がある。
これらの物質は、流域一帯での資源開発により生じたとみられている。

この川の水を、アチュアル、ウラリナ、キチワといったコミュニティが、生活用水として利用している。
汚染の状況によっては、このコミュニティの人々に、健康被害が生じるおそれもある。
ロレト県の環境局は緊急に調査を行ない、対策をとる方針だ。



最近の記事