タクシーメーターに賛否

2013年09月08日 08:51

El Deberの記事
ボリビアサンタクルスではタクシーメーターに賛否の声がある。

サンタクルス市議会は、市内を走行するタクシーへのメーター取りつけ義務化を検討している。
先週には、実際のタクシーにメーターを装着するシミュレーションも実施した。
メーター取りつけには、運賃が分かりづらいと感じていた市民や利用者から、歓迎の声がある。

一方で、メーターの取りつけを通じて、実質的に値上げとなる可能性を懸念する声もある。
またタクシー事業者の間では、メーター設置にかかる費用について心配する声が上がっている。
ラパスコチャバンバオルーロなどほかの都市では、タクシーは今も交渉制や定額制がベースだ。



最近の記事