登山者を4カ月ぶりに救出

2013年09月09日 05:50

Clarín.comの記事
ウルグアイの登山者が、山中から4カ月ぶりに救出された。

この救出劇があったのは、アルゼンチンサンフアン州だ。
標高2840メートルの山小屋で、このウルグアイの男性が衰弱した状態で発見された。
男性は救出され、サンフアン市内の病院で手当てを受けている。

この男性はラウル・フェルナンド・ゴメス・シンクネギさん(58)だ。
チリ第4(コキンボ)州から歩いて国境を越え、同州に入ったが、身動きがとれなくなった。
この男性はこれまでとくに登山経験もなかったという。



最近の記事