フレームの中からコカイン

2013年09月09日 06:05

La Nacionの記事
アルゼンチンブエノスアイレスの空港で、3.6キロのコカインが摘発された。

摘発があったのはエセイサ国際空港だ。
ニュージーランドに向かおうとした乗客のスーツケースのフレームの中から、見つかったという。
警察は、このスーツケースの持ち主である、ブラジルフランス国籍の47歳の男から、事情を訊いている。

この男は、サンパウロを発ち、ブエノスアイレスを経由してオークランドに向かうところだった。
最終目的地は、オーストラリアのシドニーだったという。
アルゼンチンからオセアニアへの薬物輸送の摘発は、今年3件めだ。

またこの日、サルタ州では走行する車から86キロのコカインが摘発されている。



最近の記事