タクナにスケートパーク

2013年09月09日 07:08

Correo Perúの記事
ペルー南端のタクナに、スケートパークが整備されるという。

タクナ市側が計画を明らかにしたものだ。
市内に、若者に人気のスケートボード、BMXを行なう施設を設けるという。
この施設の総面積は、6000平方メートルだ。

このプレゼンテーションには、スケートボートの国内チャンピオンも駆けつけた。
市内の若者らからは、安全にこうしたスポーツを楽しめる場所が要望されていたという。
市内中心部の路地で、スケートボードを行なう若者と、歩行者との事故も報告されていた。



最近の記事