イシボロ・セクレにオンブズマン

2013年09月09日 08:18

Los Tiemposの記事
ボリビアのオンブズマン組織は、イシボロ・セクレ国立公園内に事務所を設ける。

オンブズマンのロランド・ビジェナ氏が明らかにしたものだ。
政府はベニ県のサンイグナシオ・デ・モクソスと、コチャバンバのビジャ・トゥナリを結ぶ道路を建設する予定だ。
しかしこの道路が、同国立公園内を通過することから、インディヘナ(先住民)のコミュニティが反対している。

この道路を実現させようと、政府側がさまざまな手段を画策していることが伝えられている。
こうした状況を踏まえ、情報を収集するため、オンブズマンが事務所を設けることとなった。
この事務所には、常時1名が駐在する予定だという。

この計画道路はトリニダを通じてブラジルオルーロを通じてチリと結ばれ、大陸横断道の一部となる。
ブラジルから多額の支援を受けており、ボリビア政府は計画凍結、撤回は難しい状況だ。



最近の記事