法王来暮は2016年

2013年09月09日 08:32

El Deberの記事
ローマ法王、フランシスコ1世のボリビア来訪は、2016年になる見通しだという。

エボ・モラレス大統領はスペインベラルーシイタリアの欧州歴訪を終えた。
バチカンでは、この2月に就任したローマ法王との会談を実現させている。
この場でモラレス大統領は法王に、ボリビア訪問を要請した。

この歴訪に同行したルベン・サアベドラ国防相は、法王来暮は2016年になるとの見方を示した。
会談でモラレス大統領は、現法王がとくに重点的に取り組むという貧困対策について、強い共感を示した。
この会談を経て、フランシスコ1世もボリビア訪問に前向きな姿勢を示したという。



最近の記事