クリスマス商戦は始まっている

2013年09月10日 06:07

El Comercioの記事
エクアドルではもう、クリスマス商戦が始まっているという。

エクアドル中央銀行がレポートしたものだ。
クリスマス商戦は、エクアドルでは年間最大の商業の繁忙期だ。
12月に向け、国内の商業界はすでに、この商戦に突入しているという。

中央銀行によると今年上半期に、すでにクリスマス向け商品は239トン、国外から輸入されているという。
この量は、2012年同期の345トンよりは少ないが、2011年の169トン、2010年の99トンよりもはるかに多い。
中央銀行は、クリスマス商戦に向けた準備期間が、年間を通して標準化されたためだとみている。



最近の記事